創造の糧は夢と情熱 CREATOR'S HEAD inc.

ビグるEyeCIPS AI

AIチャットボットサービスを
始めてみませんか?

AIチャットボットとは?

「チャットボット」とは「チャット」と「ロボット」の掛けあわせた言葉で、簡単に言うと「自動会話システム」の事です。チャットは人対人で行うものに対し、チャットボットは人対(ロ)ボットで会話をする事になります。出来た当初は、人間が入力したパターンでの回答しか出来ませんでしたが、最近では「人工知能(AI)」を組合せる事で、人側からの複雑な文章(質問)の理解と回答が出来るようになりました。また文字だけでは無く、Google Home等の様に音声でのやり取りも出来るようになっています。これから益々発展、利用されていくと思われます。

活用場面

企業の社内外FAQ対応/ヘルプデスク/リコメンドサービス等に使用されています。AIチャットボットでは質問をすればするほど、AIが学習して回答の精度が上がっていきます。以下の図はヘルプデスクでの活用例となります。

作成方法例

考えられる質問と回答を事前に作成します。3つの項目の入力と、フローの制御を設定していきます。

  • Intents:想定される入力文字列の目的を作成
  • Entities:想定される会話のフロー(流れ)を作成
  • Dialog:想定される名詞(その同義語)を設定
  • フロー制御:「この話題はこの返事で」や
    「数字の入力のみ」などの制御設定

※ご利用はPCやスマートフォンのWebアプリ経由が基本ですが、ご要望により画面のカスタマイズも対応可能です(要別途費用)。

※本例は「IBM Watson Assistant」の仕組みを使用。

参考価格

※1:お客様のご要望や環境などで価格は変動します。各サービス及び費用の詳細は別途ご確認下さい。

※2:IBM Cloudを使用しない場合は別見積りとなります。

将来構想

弊社はAIと様々なAPIを組合せ、お客様に合わせた個別サービス開発が可能です。以下の様なご希望にも柔軟に対応します。

<例えば>

  • 質問傾向を機械学習することで
    回答の精度を自動的に上げて行きたい
  • 質問内容をテキスト解析して、
    質問の傾向を分析したい
  • テキスト入力だけでなく音声入力や
    多言語にも対応したい
  • 他システムと連携した回答を行いたい

…など柔軟に対応いたします!

AIに関するご相談、お問合せ